更新日 2016-09-20

HOME > 活動レポート > 2012活動レポート

第46回衆議院議員総選挙 自民党北海道完全勝利!H24.12.16

第46回衆議院議員総選挙は12月16日投開票され、自民党は公認候補を擁立した11の小選挙区全てで議席を獲得し、比例代表でも単独候補3人が当選して圧勝し、自公で全12選挙区をおさえ、歴史的大勝利を飾りました。
自民党は現行の小選挙区比例代表並立制が導入された平成8年以降初めて、札幌圏の道1~5区での全勝を果たし、全道でも12年の9議席を上回る最多の14議席を獲得し、16年ぶりに道内首座を奪取しました。

自民党北海道選挙区 当選者一覧
1区 船橋 利実(新)  86,034票
2区 吉川 貴盛(元)  83,575票
3区 高木 宏壽(新)  88,360票
4区 中村 裕之(新)  79,588票
5区 町村 信孝(前) 128,435票
6区 今津  寛(前) 103,064票
7区 伊東 良孝(前)  72,945票
8区 前田 一男(新) 107,937票
9区 堀井  学(新) 121,145票
11区 中川 郁子(新)  86,719票
12区 武部  新(新)  91,208票
比例  渡辺 孝一
比例  清水 誠一
比例  勝沼 栄明

第1選挙区支部長、船橋利実道議が札幌市議会自民党会派に挨拶。H24.1031


自民党北海道第1選挙区支部(中央区・南区・西区)の支部長に決定した、船橋利実道議が10月31日、札幌市議会の自民党会派(自民党・市民会議)に挨拶にいらっしゃいました。
船橋利実支部長は、北海道全体が発展するため経済・教育・文化・スポーツ・医療・防衛を含めて北海道の中枢である一区から政治体制を変えたいと訴え、また、和田敬友道議(西区)、丸岩公充道議(南区)、千葉英守道議(中央区)が「一区が変われば北海道が変わる」と船橋支部長の支援を強く求めました。

平成24年度予算編成へ向けた団体政策要望懇談会開催 H24.10.11-30

札幌商工会議所①札幌商工会議所②北海道看護協会北海道税理士協会


平成24年団体政策要望懇談会が(10月18日~30日)開催されました。札幌商工会議所からは政策委員長はじめ各委員長、部会長など総勢23名が出席され地域経済成長戦略、新幹線開業に向けた丘珠空港等総合交通体系、中小企業育成振興策、エネルギー問題、公契約条例など様々な問題に対し意見交換をさせていただきました。また北海道看護協会、北海道税理士協会からも具体的な政策要望を受けました。
自民党札連から高橋克朋会長代行、五十嵐徳美幹事長、長内直也総務会長、村山秀哉政調会長、伴良隆政調副会長、市議会自民党会派から武市憲一会長、細川正人幹事長が出席し、平成25年度予算編成に向けた市長要望や議会活動に反映させるべく対応させていただきました。

札連女性部が「北朝鮮による拉致問題」をブルーリボンでアピール H24.10.13

安倍晋三新総裁橋本聖子会長と女性部の皆さんブルーリボンバッチ10月13日(土)12:30~開催された自民党道連政経セミナーにおいて、札幌10区連の女性部長が受付として参加し、ブルーリボン(蝶結びバージョン)を付けて北朝鮮問題の一日も早い解決をアピールしました。
小泉政権時、内閣官房長官として北朝鮮と交渉された安倍晋三総裁ですが、早いものであれから10年が経過しました。この日、講演された安倍晋三総裁は、民主党政権になり拉致担当大臣が3年で7人も替わり、拉致に対する姿勢が後退したことを批判し、拉致被害者の一刻も早い生還を実現すべく、政権奪還をしなければならないと訴えました。

総裁選で道内一般党員・党友票を開票 H24.9.14


道連票は町村氏が4票、石破氏が3票、安倍氏が2票を獲得

9月14日に告示された自民党総裁選挙の一般党員・党友投票が25日に締め切られ、道内では26日午前9時半から札幌市内で開票されて、道連票の振り分けを決めました。対象は2万9千人で投票総数は1万8131票、有効投票数は1万8077票、無効投票数は54票、投票率は62・52%でした。 内訳は町村信孝氏が6890票石破茂氏が6219票安倍晋三氏が3707票石原伸晃氏が1094票林芳正氏が167票でした。この結果、道連に割り当てられた9票は、ドント方式で町村氏に4票石破氏に3票安倍氏に2票が振り分けられました。

自民党総裁選街頭演説会が開催されました。 H24.9.24

自民党総裁選街頭演説会が9月24日(月)午後4時~5時札幌大通り3丁目にて開催されました。町村先生は残念ながら体調不良のため欠席となりましたが、安倍晋三(元首相)、石破茂(前政調会長)、石原伸晃幹事長、林芳正政調会長代理が4500人の観衆に向け所信表明を訴えました。大勢の党員、党友、足を止めて聞いてくださった札幌市民のみなさま、ありがとうございました。

自民党札連緊急拡大役員会を開催 H24.9.13

橋本聖子会長高木宏壽第三選挙区支部長岩本剛人道連幹事長町村淳子夫人


札連最高顧問である町村信孝先生の自民党総裁選出馬に伴い、札連緊急拡大役員会が9月13日(木)13:00~ニューオータニイン札幌にて開催されました。
推薦人代表である橋本聖子札連会長から町村候補への支援のお願いのあと、第三選挙区支部長に決定した高木宏壽道議、岩本剛人道連幹事長から応援のメッセージをいただきました。町村代議士からは会場の皆様へ「凛として強い日本を創る」ビデオメッセージがあり、淳子夫人からお礼のご挨拶のあと、飯島弘之青年局長の音頭によりシュプレヒコールで必勝を祈念しました。
緊急拡大役員会町村先生を自民党総裁に!

LinkIcon町村信孝HPへ

第3選挙区支部長、高木ひろひさ道議が札幌市議会自民党会派に挨拶。H24.8.16


自民党北海道第3選挙区支部(白石区・豊平区・清田区)の支部長に決定した、高木ひろひさ道議が岩本剛人道連幹事長とともに、8月16日(木)札幌市議会の自民党会派(自民党・市民会議)に挨拶にいらっしゃいました。高木ひろしさ支部長は、地元の声を国政に反映させ、決められる政治を実現させることを訴え、支援を呼びかけました。

LinkIcon北海道議会議員 高木宏壽

平成24年度自民党札連青年局定期総会が開催されました。H24.6.30

飯島弘之札連青年局長伊東良孝道連会長岩本剛人道連幹事長東 国幹道連青年局長高木宏壽第3選挙区支部長長内直也札連総務会長本間奈々氏札連青年局定例総会


6月30日(土)18:30~ニューオータニイン札幌にて自民党札連定期総会が開催されました。飯島弘之札連青年局長は、間近に迫る解散総選挙に向け青年局のさらなる結束を訴えました。
来賓として自民党道連会長伊東良孝代議士、岩本剛人道連幹事長、・東 国幹道連青年局長、高木宏壽道議、長内直也札連総務会長、新しい札幌を創る会の本間奈々氏からそれぞれご祝辞をいただきました。
また当日、第三選挙区支部長(白石・豊平・清田)として就任が決定した豊平区選出の高木宏壽道議は、日本の将来像を示し、政策を進める政治に変えなければならないと、衆議院議員選挙に向けての決意を述べられました。 LinkIcon高木宏壽道議のHPへ

自民党青年局「全国一斉街頭行動」が実施されました。 H24.6.17

飯島弘之青年局長長内直也総務会長川田ただひさ広報委員長6月17日(日)11:00~札幌駅南口駅前通りにて、青年局「全国一斉街頭行動」が実施されました。
 本年2回目となる全国一斉街頭ですが、今回のテーマは「北朝鮮による拉致問題の解決」として、飯島弘之青年局長、長内直也総務会長、川田ただひさ広報委員長が、政府の拉致に対する姿勢が後退したことを批判し、すべての拉致被害者の一刻も早い生還を実現すべく、政権奪還をしなければならない。また、特定失踪者についてえも、今後も引き続き、真相究明と解決に向けた取り組みを進めることをお訴えしました。雨の中、足を止めて聞いてくださいましてありがとうございました。

▲ ページトップへ

平成24年度自由民主党札幌豊平区連合支部定期総会が開催されました。 H24.5.29

徳中五郎支部長高木宏壽道議吉田祐樹道議三上洋右市議会議長近藤和雄市議小竹知子市議本間奈々氏豊平区連定期総会


5月29日(火)17:00~ルネッサンスサッポロホテルにて開催されました。
徳中五郎支部長は挨拶で、国政を民主党に任せるには、すでに限界を超えている。豊平区連は第三選挙区支部長として、日本の将来を担うにふさわしい国家観や歴史観を兼ね備え、国際的な視野を持った高木宏壽道議を推薦した。
来るべき衆議院議員選挙に向け、早期に機関決定していただき、選挙区支部、道連、札連と連携し、全力で戦うことを誓いました。また、国旗掲揚や被災がれきの受入を拒否する上田市政を批判し、札幌市政奪還を呼びかけました。
総会終了後の懇親会では、来賓として高木宏壽道議、吉田祐樹道議そして三上洋右市議会議長、近藤和雄市議、小竹知子市議、新しい札幌を創る会の本間奈々氏が参加され、各支部の皆様と懇親を深めました。

▲ ページトップへ

自由民主党札幌市支部連合会第41回定期総会が開催されました。 H24.5.26

橋本聖子札連会長町村信孝衆議委員議員伊達忠一参議院議員長谷川岳参議院議員吉川貴盛前衆議委員議員涌井国夫公明党道副代表岩本剛人自民党道連幹事長本間奈々氏
長内直也総務会長林氏、五十嵐氏、小嶋市議白石区連大野力子さん厚別区連西田雅子さん


5月26日(土)13:00~自由民主党札幌市支部連合会第41回定期総会が札幌グランドホテルにて開催されました。
来賓として涌井国夫公明党北海道本部副代表、町村信孝衆議委員議員、伊達忠一参議院議員長谷川岳参議院議員、吉川貴盛前衆議院議員、岩本剛人自民党道連幹事長、新しい札幌を創る会の本間奈々氏からご挨拶をいただいたき、優秀党員表彰51名を代表し白石区連の大野力子さんが、党員獲得表彰を厚別区連の西田雅子さんが受賞されました。自民党札連会長の橋本聖子参議院議員は、政権奪還と札幌市政奪還を呼びかけました。

▲ ページトップへ

「さっぽろ自民党」政経セミナーが開催されました。 H24.5.26

橋本聖子札連会長町村信孝衆議院議員伊達忠一参議院議員長谷川岳参議院議員講演:西田昌司参議院議員講演:西田昌司参議院議員札連政経セミナー五十嵐徳美幹事長


総会5月26日(土)14:30~総会に引き続き、「さっぽろ自民党」政経セミナーが開催されました。来賓として町村信孝衆議院議員、伊達忠一参議院議員、長谷川岳参議院議員が挨拶されたあと、「民主党政権の欺瞞を斬る!」と題し、参議院議員西田昌司先生のご講演をいただきました。
ご来場された600名の皆様、本当にありがとうございました。

▲ ページトップへ

平成24年度自由民主党札幌南区連合支部定期総会が開催されました。H24.5.25

住吉 眸支部長伊達忠一参議院銀議員丸岩公充道議宗形雅俊市議小須田悟士市議本間奈々氏柴田薫心元市議南区連定期総会


5月25日(金)18:30~つぼ八真駒内上町店にて開催され、来賓として伊達忠一参議院議員、南区選出の丸岩公充道議と宗形雅俊市議、小須田悟士市議、新しい札幌を創る会の本間奈々氏が参加されました。
住吉 眸支部長は挨拶で、来るべき衆議院選挙並びに来年7月の参議院選挙に向け、万全な選挙体制を確立し、諸先輩の築いた保守王国南区を築きましょうと訴えました。 総会後の懇親会では、自民党札幌南区連合支部創設40周年の定期総会ということで、元札幌市議会議長の柴田薫心先生の乾杯のあと役員の方々との懇親を深めました。

▲ ページトップへ

平成24年度自由民主党札幌手稲区連合支部定期総会が開催 H24.5.19

五十嵐昭雄支部長角谷隆司道議武市憲一市議手稲区連合支部定期総会


5月19日(土)17:00~清寿しにて開催され、来賓として手稲区選出の角谷隆司道議と武市憲一市議が参加されました。
五十嵐昭雄支部長は挨拶で、来たるべく総選挙に向け、第四選挙区支部長を早急に決定し、臨戦態勢を整え総力を結集して戦いましょうと訴えました。

▲ ページトップへ

平成24年度自由民主党札幌清田区連合支部定期総会が開催 H24.5.12

嶋川徳志支部長岩本剛人道議北村光一郎市議清田区連合定期総会


5月12日(土)16:00~つぼ八清田区役所前店にて開催され、来賓として清田区選出の自民党道連幹事長、岩本剛人道議と北村光一郎市議が参加されました。
嶋川徳志支部長は挨拶で、まもなく第3選挙区の支部長も決まりそうであることを報告し、いつ解散総選挙になってもおかしくない状態でなので、組織を強化し政権奪還へ向け頑張りましょうと呼びかけました。

▲ ページトップへ

「自主憲法を願う道民集会」が開催 H24.5.3

礒崎陽輔参議院議員藤野義昭弁護士アピール行進大通り3丁目にて街頭演説


 5月3日(木)「自主憲法を願う道民集会」が札幌市教育文化会館にて開催されました。講演では自由民主党憲法改正推進本部、礒崎陽輔参議院議員より日本国憲法改正草案の解説があり、北朝鮮に拉致をされた日本人を救出するための全国協議会(救う会)名誉会長、藤野義昭弁護士から拉致問題と憲法改正のお話がありました。講演後はアピール行進と街頭演説会が開催されました。

▲ ページトップへ

青年部・青年局 全国一斉街頭行動を行いました。 H24.4.28

長谷川岳参議院議員飯島弘之青年局長こじまゆみ青年副局長川田ただひさ広報委員長丸岩浩二青年局幹事長4月28日(土)11:00~JR札幌駅南口(佐藤水産前)にて、自民党青年局「全国一斉街頭行動」を開催いたしました。
 丸岩浩二札連青年局幹事長の司会により、自民党青年局次長:長谷川岳参議院議員、自民党札連:飯島弘之青年局長、小嶋ゆみ青年局副部長、川田ただひさ広報委員長が、「主権回復60周年」をテーマに掲げ、憲法改正や国防・領土問題をお訴え致しました。
 本年は、昭和27年(1952年)のサンフランシスコ講和条約の発効から60周年、沖縄の本土復帰から40周年を迎える節目の年です。戦後一度として改正していない日本国憲法を時代の要請に即した形で憲法を改正し、新たな課題に取り組むべく、自民党は「憲法改正原案」の国会提出を目指しています。

LinkIcon「憲法改正草案」を発表
▲ ページトップへ

平成24年度自由民主党札幌中央区連合支部定期総会が開催 H24.4.20

早川弘司支部長和田敬友道議本間奈々氏千葉英守道議長内直也市議細川正人市議中央区連定期総会


4月20日(金)14:00~札幌ガーデンパレスにて中央区連定期総会が催されました。来賓として第一選挙区支部長代行の和田敬友道議、新しい札幌を創る会の本間奈々氏、中央区選出の千葉英守道議、長内直也市議、細川正人市議が出席され、早川弘司支部長は挨拶で、民主党マニフェストが総崩れし、経済復旧の道筋の無いまま増税をしようとしておりますが、解散総選挙において国民に信を問うべきであります。いかなる時期に解散総選挙となっても戦える体制作りを早急に進めなければならないと述べました。

▲ ページトップへ

団体政策要望に対し、各担当部局よりヒアリングを実施H24.4.12

4月12日(木)10:00~15:30、平成24年度札幌市予算編成に向け、札幌商工会議所はじめ6団体より22件の政策要望を提出していましたが、五十嵐徳美幹事長、村山秀哉政務調査会長、伴良隆政務調査副会長が出席し、各担当部局よりヒアリングを行いました。
今後とも「さっぽろ自民党」として、政策要望に対しては責任をもって対応してまいります。

▲ ページトップへ

平成24年第1回党紀委員会、政務調査会、総務会が開催 H24.4.4

党紀委員会政務調査会総務会①総務会②


 4月4日(水)党紀委員会が開催され、谷征輝党規委員長の議事進行により、定期総会での札連・区連優秀党員表彰と組織表彰基準の見直し等について審議され、組織強化に向けた活発な議論が行われました。

 4月5日(木)政務調査会、総務会が開催され、5月26日開催の第41回札連定期総会と札連政経セミナーについての審議が行われました。
 政務調査会では、五十嵐幹事長から、自由民主党札幌市支部連合会の総称を「さっぽろ自民党」とすることや、「さっぽろ自民党」基本政策についての説明があり、村山政調会長の議事進行により、政経セミナー日程・会場・講師について、総会議案について審議されました。
 総務会では高橋会長代行から市政報告があり、長内総務委員長の議事進行により、五十嵐幹事長から定期総会に向けた総会議案、議長団の選出、札連表彰について、村山政調会長から政経セミナーについて、小須田財務委員長から平成23年の実績と平成24年の予定が報告され、川田広報委員長から札連版「自由民主」の発行とホームページのリニューアルについて説明があり、飯島札連青年局長からは3月25、26日に行われた東日本大震災での「がれき受入」推進街頭演説会の報告がされました。

▲ ページトップへ

平成24年度自由民主党札幌西区連合支部定期総会が開催されました。 H24.3.30

安田譲支部長和田敬友道議村山秀哉市議飯島弘之市議本間奈々氏勝沼しげあき氏前鼻守青年局長札幌西区連定期総会


3月30日(金)18:00~西区連定期総会が札幌ホテルヤマチにて催されました。来賓として和田敬友道議会議員、村山秀哉市議会議員、飯島弘之市議会議員、新しい札幌を創る会の本間奈々氏、昨年の道議会議員選挙において惜敗した勝沼しげあき氏が出席し、安田譲支部長は挨拶で、来るべき解散総選挙に向け体制強化を図ると共に、区連単位支部の基礎力である党員増強にむけ活動を展開しましょうと呼びかけました。

▲ ページトップへ

札幌市議会における「慰安婦問題」に関する意見書について H24.3.28

平成24年3月28日付けで、政府に対し、日韓請求権協定に基づく協議に応じることを求める意見書が札幌市議会として提出されましたが、平成20年から一貫して札幌市議会自民党会派としては反対してまいりました。この度の意見書についても「自民党・市民会議」と「みんなの党」が反対いたしましたが、その他の会派の賛成により札幌市議会として政府に対し提出することとなりましたことを報告いたします。

これからも自民党札連は、しっかりとした事実関係と認識を元に対応してまいります。

平成24年「さっぽろ自民党」札連女性部定期総会・研修会を開催 H24.3.27

札連女性部定期総会大竹千鶴子札連女性部長大崎誠子道連女性部長高橋克朋札連会長代行西田雅子厚別区連女性部長森愛子北区連女性部長中神みつ子中央区連女性部長遠藤和子西区連女性部長


3月27日(月)13:00~平成24年札連女性部定期総会が札幌全日空ホテルにて催されました。来賓として大崎誠子道連女性部長、高橋克朋札連会長代行が出席され、大竹千鶴子札連女性部長は、多くの皆様に自民党の活動にご理解・ご支援を頂けるよう地域に根ざした国民政党としての誇りを胸に、自民党の信頼回復とともに、最重要課題である総選挙の勝利に向けて頑張りましょうと呼びかけました。

▲ ページトップへ

札連女性部研修会宮村素子市議横山峰子市議こじまゆみ市議小竹知子市議櫻木範明北大大学院教授子宮頸がんの予防について佐藤登代子女性部幹事長


3月27日(月)13:45~定期総会にひきつづき札連女性部研修会が催されました。札幌市議会の女性議員4名が挨拶された後、北海道大学大学院医学博士、櫻木範明教授から、女性がかかる唯一予防できるガンといわれている子宮頸がんの知識と共に啓発活動についての講演をしていただきました。櫻木教授は(社)ピーキャフの代表として子宮頸がん予防の啓発活動をされており、各区連より120名の女性部の皆様の参加により大変有意義な研修会となりました。これからも札連女性部は「命のゆりかごを守る運動」を応援していきます。

ピーキャフは子宮頸がん啓発キャンペーン「シャイン」を展開しています。ピーキャフHPLinkIcon
▲ ページトップへ

「東日本大震災で発生したがれき受け入れ」に関する申入書を提出 H24.3.27

3月27日(火)札幌市上田市長に対し、五十嵐幹事長、長内直也総務会長、村山秀哉政務調査会長がさっぽろ自民党として「東日本大震災で発生したがれき受け入れ」に関する申入書を提出しました。

 被災地の復旧と復興に向けて大きな障害となっている、膨大ながれきの処理状況は、岩手、宮城、福島3県では、約2,253万トンのがれきが発生し、1年経過した現在でも6%程度しか処理できてない状況です。政府は処理が進まないがれきのうち、県内処理を国が決めている福島県を除く、岩手県の約11年分にあたる約476万トン、宮城県の約19年分にあたる約1,569万トンのうち401万トンについて広域処理をすることとし、全国の自治体に対して協力を呼びかけているものの、受入が進んでないのが実情です。 
 がれきは、全国の自治体の協力と地元住民の合意と協力がなければ、この先十数年そのままの状態となります。がれきの処理なくして被災地の真の復興はあり得ません。
 今日まで政府と培ってきた信頼関係に基づき、しっかりと国との協議を重ね、懸念される事柄を解決した上で被災地がれきを受け入れることを要請しました。

▲ ページトップへ

大通り西4丁目にて、東日本大震災に伴う「がれき処理」受け入れ推進の街頭遊説を開催 H24.3.26

大通り西4丁目にて飯島弘之青年局長五十嵐徳美幹事長長内直也総務会長こじまゆみ市民運動本部長川田ただひさ広報委員長北村光一郎組織副委員長小竹知子広報副委員長


3月26日(月)12:00~13:00大通り西4丁目において、飯島弘之青年局長を遊説隊長として、東日本大震災に伴う「がれき処理」受け入れ推進の街頭演説を行いました。
札幌市議会第一回定例会会期中でありますが、五十嵐徳美幹事長、長内直也総務会長、こじまゆみ市民運動本部長、川田ただひさ広報委員長、北村光一郎組織副委員長、小竹知子広報副委員長が駆けつけ、市民のみなさまに、震災がれきの受入に理解を求めると共に、がれき受入推進の広報ちらしを配布し、「さっぽろ自民党」として3月27日付けで、上田札幌市長に対し申入書を提出することをお知らせいたしました。札連青年局、中央区連、西区連の役員の皆様、北海道政治塾の皆様、広報ちらしの配布のお手伝いありがとうございました。また、足を止めて聞いてくださって市民の皆様、本当にありがとうございました。札幌から被災地への確かなエールとなりました。

▲ ページトップへ

札幌市内5カ所で、東日本大震災に伴う「がれき処理」受け入れ推進の街頭遊説を開催 H24.3.25

川田ただひさ広報委員長こじまゆみ市民運動本部長新札幌アピア前にて厚別区連女性部のみなさま清田区西友前北村光一郎組織副委員長豊平区南平岸駅前小竹知子広報委副員長宗形雅俊組織委員長南区生協ソシア前にて東区ホーマック光星店前五十嵐徳美幹事長


3月25日(日)川田ただひさ広報委員長を遊説隊長として、11:30厚別区新札幌アピア前をスタートし、清田区西友前~豊平区南平岸駅前~南区川沿生協ソシア前~16:30東区ホーマック光星店前と、札幌5区を廻り、東日本大震災に伴う「がれき処理」受け入れ推進の街頭遊説を行い、上田札幌市長が受入拒否をしていることに対し、「さっぽろ自民党」は被災がれきの受入を推進することに理解を求めました。TwitterやFacebookでの情報で応援に駆けつけていただいたみなさん、ありがとうございました。がれき処理はみんなで分かち合いましょう!!

▲ ページトップへ

平成24年度自由民主党札幌北区連合支部定期総会が開催されました。 H24.3.24

和田郎支部長道見重信道議高橋克朋市議村松正海市議横山峰子市議伴良隆市議本間奈々氏優良党員表彰


3月24日(土)14:00~札幌サンプラザにて催され、和田郎支部長は挨拶で、来るべき解散総選挙において、吉川貴盛前衆議院議員を再び国政に送り込むべく一致団結して取り組みましょうと呼びかけました。来賓として道見重信道議、高橋克朋市議、村松正海市議、横山峰子市議、伴良隆市議、新しい札幌を創る会の本間奈々氏出席され、17名の方が区連優良党員表彰を受賞されました。定期総会終了後ひき続き懇親会が開催されました。

▲ ページトップへ

平成24年第1回札連選挙対策委員会、組織委員会、広報委員会、市民運動本部会開催 H24.3.22

選挙対策委員会組織委員会広報委員会市民運動本部会


3月22日(木)平成24年第1回選挙対策委員会、組織委員会、広報委員会、市民運動本部会が開催されました。
各委員会では5月26日開催の自民党札連定期総会に向け、議案についての審議のほか、来るべき総選挙、参議院選挙に向け各委員会の活動方針について活発な議論が交わされました。また、東北大震災においてのがれき受入について、市議会報告とともに市長に対して、震災がれき受け入れに関する申入書を提出することを確認しました。さらに、3月26日(月)12:00~札幌大通りにて震災がれき受け入れに関する街頭演説会を開催することとしました。

10:00~選挙対策委員会:長谷川克之委員長、横山峰子副委員長他7名出席
11:00~組織委員会:宗形雅俊委員長、北村光一郎副委員長他7名出席
13:00~広報委員会:川田ただひさ委員長、小竹ともこ副委員長他6名出席
14:00~市民運動本部会:こじまゆみ本部長、阿部ひであき副本部長他6名出席

▲ ページトップへ

平成24年度自由民主党札幌厚別区連合支部定期総会が開催されました。 H24.3.18

源田慎一支部長町村信孝代議士淳子夫人伊達忠一参議花崎勝道議こじまゆみ市議川田ただひさ市議本間奈々氏シュプレヒコール


3月18日(日)14:00~厚別南会館にて開催され、町村信孝代議士、伊達忠一参議、花崎勝道議、こじまゆみ市議、川田ただひさ市議、昨年の市長選挙で惜敗した本間奈々氏が来賓出席されました。
源田慎一支部長は挨拶で、政権奪還の絶好のチャンスであり、予断を許さない状況下での衆議院選挙、そして来年の参議院選挙に向け、党組織の原点である支部活動の重要性を再認識し結束を求めました。最後は全員でガンバローコールで締めくくりました。定期総会終了後ひき続き懇親会が開催されました。

▲ ページトップへ

平成24年3月17日(土) 平成24年度自由民主党札幌東区連合支部定期総会・政経セミナーが開催 H24.3.17

長谷川克之支部長東区連政経セミナー定期総会18:00~札幌サンプラザにて開催され、総会後は政経セミナーが開催され200名の党員・支持者の方々が懇親を深めました。懇親会では、ご来賓として大崎誠子道議、鈴木健雄市議、山田一仁市議、五十嵐徳美市議がご出席され、長谷川克之支部長は挨拶で、3月17日(土)18:00~札幌サンプラザにて催され、長谷川克之支部長は挨拶で、党員が減少傾にある中、諸先輩が築いた12支部をなんとしても守り、党員、党友、女性部、青年局と力を合わせ、東区連のさらなる組織強化を進めることを宣言しました。

▲ ページトップへ

平成24年2月24日(木) 平成24年度自由民主党札幌白石区連合支部定期総会が開催 H24.2.24

白石区連定期総会谷征輝白石区連支部長伊藤条一道議阿部英明市議定期総会は18:00~アサヒビール園にて開催され、総会後の懇親会では、ご来賓として伊藤条一道議、阿部英明市議、上瀬戸政則元市議、馬場泰年前市議、新しい札幌を創る会の本間奈々氏がご出席され、橋本聖子参議院議員、伊達忠一参議院議員、長谷川岳参議院議員の秘書の方が代理出席されました。谷征輝支部長は挨拶で、目前に迫る衆議院選挙の必勝を期して一致団結し、各支部の皆様と総力を挙げて取り組みましょうと呼びかけました。

▲ ページトップへ

自民党青年局全国一斉街頭演説を開催 H24.2.11

飯島弘之青年局長長内直也総務会長川田ただひさ広報委員長小嶋ゆみ市民運動本部長阿部ひであき市民運動副本部長五十嵐徳美幹事長毎年、建国記念日に行っています、自民党青年局全国一斉街頭演説会が2月11日(土)開催されました。自民党札連青年局は丸岩浩二青年局幹事長の司会進行で、午前11時から12時までJR札幌南口、佐藤水産前にて街頭演説を行いました。弁士は飯島弘之青年局長、長内直也総務会長、川田ただひさ広報委員長、小嶋ゆみ市民運動本部長、阿部英明市民運動副本部長、そして五十嵐徳美札連幹事長も駆けつけ、領土問題はじめ、国政問題、市政問題を、お訴ったえいたしました。当日はかなりの冷え込みでしたが足を止めてお聞きくださり、本当にありがとうございました。

▲ ページトップへ

北方領土返還要求署名活動を開催 H24.2.9


札幌雪まつり期間中、(社)千島歯舞諸島居住者連盟主催による、北方領土返還要求署名活動を行なっていますが、今年も、2月9日(木)、自民党札連市民運動本部では、大通り西6丁目特設会場にて、小嶋ゆみ市民運動本部長、五十嵐徳美幹事長、各区連より市民運動本部委員を中心に33名が参加し、北方領土返還を呼びかけました。元島民や後継者の方々とも貴重な意見交換ができ、大変有意義な時間となりました。これからも自民党札連は、北方領土の早期実現のため、根気強く訴えてまいります。

40,974名の皆様、ご協力ありがとうございました。

2月6日から12日まで「さっぽろ雪まつり」会場にて実施されました、北方領土返還要求署名活動の集計がでました。なお、全国各地から寄せられた署名は、国会法第79条の規定に基づき衆・参両議院への請願の際に提出されます。活動に参加された皆様、寒い中ほんとうにありがとうございました。LinkIcon

▲ ページトップへ

北方領土のこと、もっと知ってほしいから ↓

LinkIcon(社)千島歯舞諸島居住者連盟
LinkIcon北方領土問題対策協会