更新日 2016-12-07

平成29年度札幌市予算編成に係わる政策重点要望を秋元札幌市長へ提出しました。H28.12.7

自民党札連から長内直也幹事長、飯島弘之総務会長、小嶋裕美政務調査会長が出席し、全市的な要望として以下の13項目の他、自民党札幌10区連合支部より40件、産業界並びに各種団体から12団体28件の要望を纏め手交しました。

 1. 冬季オリンピック・パラリンピックの札幌招致
2. 北海道新幹線(新函館北斗~札幌)の早期完成
3. 地下鉄東豊線の福住駅から清田区までの延長
4. 札幌ドーム周辺整備の促進
5. 北海道日本ハムファイターズの本拠地球場の札幌維持
6. 国道5号(創生川通)の機能強化による都心部アクセスの見直し
7. 丘珠空港ジェット化への環境整備と、防災拠点化の空港周辺整備
8. 地下鉄南北線すすきの駅と、東豊線豊水すすきの駅との連動整備
9. 北広島IC~清田区の各幹線道路への渋滞緩和対策
10.  地下鉄真駒内駅周辺の再開発促進
11.  新札幌副都心地区及びその周辺の再開発
12.  降雨災害(35㎜/h以上)による排水対策の改善強化
13.  地下鉄駅周辺の案内板増設(多言語タッチパネル等ICTの検討推進)


「年金改革法案」及び「受給資格期間短縮法案」について

少子高齢化が進む中で、公的年金制度のメリットをより多くの方が享受し、将来的にも安心な年金制度を構築するため、年金制度改革に取り組むこととなりました。

年金制度改革関連法案についてQ&Aで判りやすく解説しています。こちらから↓

自民党政策パンフレット

自民党の政策やマニフェストをわかりやすくまとめたパンフレットやビラが閲覧・ダウンロードいただけます。